透析看護師へ転職を考え中の方は必見です!

透析看護師の転職先を選ぶポイントとは

転職が多いと言われる看護師ですが、どのようなポイントで転職先を選んでいるのでしょうか。 転職してよかった思う看護師の方で、一番多くの人が重視したポイントが、「自分のやりたい看護が実現できる」という点です。
保育園看護師の役割は?

前の職場では自分自身の希望する仕事内容ではなかったために、転職を決意した人が多いと言えるでしょう。 そして、自分の理想とする看護ができるところを転職先として選び、それがかなえられたということですね。

次に「労働条件」をポイントに挙げる人が多くいました。 労働条件と言うと少し漠然としたポイントになりますが、希望する転職先で経験を問われたり、制限がある場合もあるでしょう。

その点がマッチすると、ライバルに差をつける有利なポイントになりますし、自分自身もやりがいを感じられることにもなりますね。 そして、「職場の雰囲気、環境」これを重視する人も多いです。

いくら仕事の内容が希望通りでも、給与がそれなりによくても、人間関係をはじめとした職場の雰囲気がよくないと働きづらいですよね。 ただしこれは、就職前にはわかりにくい部分でもあるので、難しいポイントにもなるでしょう。

あらかじめ施設に行って雰囲気を見てみたり、面接の時に意識してみるのがいいかもしれません。 どうしてもわからない場合は、転職エージェントに相談するのもありでしょう。

大きな病院になると、「教育方針」などを大切だと考える人も多いようです。 これは自分自身の看護師としてのキャリアにも大きく関わってくるところなので、キャリアプランがはっきりとしている人はチェックしたいですね。

意外にも、給与や勤務時間を直接の転職先を選ぶポイントした人は少ないといえます。 少し生々しい話なので、明言を避けているという面もあるでしょうが、一方で、看護師には非常にプロ意識が高い方が多いのでしょう。 ネガティブなことだけを考えるのではなく、ポジティブな考え方で転職できるとよりよいですね。

看護師の職場はどこも人間関係が悪い?

人間関係の問題に疲れて、職場を離れる看護師は非常に多いです。 ですが、すべての職場で人間関係が悪いのでしょうか。

看護婦といえば、人間関係の悪さに我慢しながら働かなければならない職業だと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

かなり人間関係が良く、楽しく働ける職場も存在しているのです。 しかし、実際に働き始めてからその職場の人間関係について知ることになるわけなので、求人票などでは職場の人間関係が良いか悪いかを判断することはできませんよね。

そこで役立てたいのが転職支援サイトです。 看護師専門の転職支援サイトであれば、その職場の雰囲気についてかなり詳しいコンサルタントの方がいます。

コンサルタントは直接その職場に入職した看護師から話を聞いているだけでなく、職場の担当者の方とも会っているわけなので、より具体的な雰囲気について知ることができるのです。

また、職場の離職率を調べてみるというのもおすすめの方法だといえるでしょう。 たくさん入職しているにもかかわらず、ほとんどの方がすぐに辞めている離職率の高い職場はそれだけ働きにくいと判断することができます。

場合によっては、離職率の高さからブラックとも呼ばれるような病院もあるので、離職率が低い=働きやすい職場ともいえるでしょう。

他の職場に比べてかなり条件が良いにもかかわらず、頻繁に新規の看護師を募集しているという病院は少し注意した方が良いかもしれません。 好条件が用意されているのに辞める人も多いということはそれだけ働きにくかったり、人間関係が悪い職場であると判断できますよね。

転職支援サイトのコンサルタントは、職に関するプロでもあるため、一人一人の悩みなどを把握しながらその人にとって最適な職場探しをするのに役立ってくれます。

過去に何度も人間関係のトラブルで転職を繰り返しているという方は、自分の目線だけで職場選びをしてしまうとまた失敗する可能性があるので、コンサルタントの方に相談しながら最適な職場を探しましょう。

残業が少ない看護師の職場は?

看護師といえば、朝から晩まで忙しく働いているイメージがあるかもしれません。 夜勤のある職場だと、体調を崩してしまうこともありますよね。

看護師が職場を離れる理由の一つに、他の病院に比べると残業が多い、思うように休暇が取れないということが挙げられます。 もちろん、職場によってはほとんど残業がなく、希望した日に休暇が取れるところもあるのですが、そうではない病院があるのも事実…。

ただ、残念ながら看護師が活躍しているほとんどの職場では残業が多く、思うように休暇が取れないのが現状だといえるでしょう。 言い換えてみれば、この問題は職場を変えたからといって解消する問題ではないということです。

残業が多い、休暇が取れないという理由で転職をした方の場合、転職先でも同じ状態になり、再度転職を繰り返す形になるかもしれません。

ただ、子供が小さい、親の介護をしなければならないなどの理由から残業が多いのは困るという方もいるはずです。 そういった場合は、どのような職場を選べば良いのでしょうか。

まず、残業が発生しやすい職場というのは、急に予定が変わりやすい職場です。 例えば、就業間近に急患が入ったということになれば、残業をしてでも対応しなければなりませんよね。 ですが、急患が発生しない病院であればこのような心配もほとんどありません。

入院設備がある病院だと患者さんの容態が急変することもあるので、できるだけ残業を避けたいと思っているのであれば入院設備のないところ選択しましょう。

また、デイサービスはお年寄りの憩いの場であり、利用時間が決められています。 デイサービス利用中に突然お年寄りの具合が悪くなってしまうようなこともあるかもしれませんが、ほとんどはそのような心配もないため、予測しないような残業が発生するようなことはないといえるでしょう。

利用者さんが送迎車に乗って帰った後は、簡単な片付けやミーティングを行って解散としているところがほとんどです。 人手の足りている職場だと休暇も取りやすいのでチェックしてみてくださいね。